よくある質問|オーダーメイドの保険・住宅ローン・ライフプランのご相談なら
東急 ほけんのコンシェルジュ 渋谷、二子玉川、たまプラーザ、中央林間

東急 ほけんのコンシェルジュ

よくある質問

よくある質問

お客様から寄せられる疑問・ご質問をご紹介いたします。

保険について

Q1. 掛け捨てと積み立て型は、どちらがお得?

同じ金額の保障であれば、掛け捨ての保険は、保険料が安いですが、満期になったり、途中でやめたときに戻ってくるお金はほとんどありません。 積み立て型の保険は、掛け捨ての保険に比べ保険料が高いですが、満期や途中でやめたときに、ある程度お金が戻ってきます。

どちらが得かを考えるときには、「実質的に払うことになるお金 = 支払った保険料 - 戻ってくるお金」を比較しましょう。 すると、一般的に次のような傾向があります。

5年~10年で保険をやめる場合・・・実質的な支払額は、掛け捨ての保険の方が小さく済むことが多いです。
20年、30年と続けた場合・・・積み立て型の解約返戻金の割合が大きくなっていき、実質的な支払額は積み立て型の方が有利になることが多いです。
しかも、長く続けるほど掛け捨てとの差は大きくなり、積み立て型の保険は、払った保険料よりも解約返戻金の方が大きくなることもあります。

ここから、次のことが分かります。
長期間続けるときは積み立て型が効果的。
ただし、途中でやめてしまうと、結果的に掛け捨て部分が大きくなってしまうので、ちゃんと保険料を払い続けられるよう家計にとって無理のない保険料にする必要があります。

また、お子さまがいる家庭では大きな保険金額が必要なので、保険料の支払いを考えると、全て積み立て型にするのは無理があります。掛け捨てと積み立て型のバランスをうまく取るのが重要です。

Q2. 医療保険はどうやって選べばいいの?

病気で入院したとき、「何が」心配かで保険の選び方はかわってきます。

1. 入院時に病院に払う費用が心配な方。
入院時の自己負担額は、例えば会社の健康保険組合に加入されている場合、治療費の3割です。さらに高額療養費制度があり、1ヵ月の自己負担には上限が設けられているのです。一定の金額(自己負担限度額)を超えた金額が、公的医療保険から高額療養費として給付される仕組みになっているのです。

自己負担限度額の計算式(70歳未満・一般所得者の場合)
80,100円 +(医療費 − 267,000円) × 1%
※4か月目からは自己負担限度額は44,400円となります。
※月収53万円以上の方、住民税非課税の方、70歳以上の方は、別途計算式がありますのでご注意ください。
※上記は2013年4月現在の制度概要を示しています。詳しくは健康保険組合、公的医療保険制度の窓口などにご確認ください。

被保険者Tさんが入院して、1ヵ月の医療費合計が100万円の場合。
(1)医療費は100万円のうち3割が自己負担額となります。
自己負担額 = 30万円。

(2)自己負担限度額の計算
80,100円 +(1,000,000円 − 267,000円) × 1%
=自己負担限度額87,430円

(3)高額療養費の計算
300,000円(自己負担額) − 87,430円(自己負担限度額) = 212,570円(高額療養費)

高額療養費制度の給付をうけた結果、Tさんの1ヵ月の自己負担額は87,430円となります。
これに健康保険の効かない雑費を含めた金額が実質の負担額となります。

2. 大きな病気にかかって働けなくなったときに住宅ローンや教育費等の支出を払い続けられるかが心配な方。
短期の入院であれば貯蓄や医療保険で支出をカバーできますが、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)など、お仕事が長期間できなくなり、収入が減ってしまうと、貯金を一気に取り崩すことになりかねません。
そこで、三大疾病にかかったときに500万円、1,000万円などまとまったお金を受け取ることのできる保険で備えておくと、万が一働けなくなった場合でも、家計への負担、心の不安を軽減できるのです。

Q3. タバコをすわないと保険料がやすくなるの?

生命保険は年齢が上がると保険料は高くなりますが、非喫煙者で健康状態がよいと、同じ年齢、同じ保障でも保険料(掛け金)が3割近く抑えられるケースがあります。また、貯蓄性の保険を掛け捨ての保険に変更、または保障内容に優先順位をつけて必要な保障に絞ると、思いのほか保険料を抑えられます。

Q4. 生命保険で貯金はできるの?

貯蓄性のある保険には、個人年金保険や終身保険があります。個人年金保険は、例えば60歳まで保険料(掛け金)を積み立てて、60歳から毎年一定額の年金をもらう、といった仕組みです。終身保険は一生涯の保障が継続し、何歳になっても亡くなったときに保険金が支払われる仕組みで、解約したときに戻るお金(解約返戻金)を将来のニーズに応じて有効に使うこともできます。

貯蓄性のある保険の特徴
1. 契約のときに予定利率が確定している。
契約から短期間で解約してしまうと、解約返戻金は払い込んだ保険料より少ないことがほとんどです。10〜20年など長期間にわたって計画的に、かつ安全・確実に資金の活用を考える場合に効果的です。

2. 保障と貯蓄を両立できる。
万が一のときの保障も必要だが、貯蓄もしたいなど。お子さまをもつご家庭などに効果的な手段といえます。

3. 預金口座から自動的に保険料が引き落とされるため、意識なく貯蓄ができる。

4. 払い込んだ保険料に応じて、税金の負担が軽くなる「生命保険料控除」が受けられる。

Q5. 奥様にも保険は必要?

最近は夫婦共働きというワークスタイルが増えています。しかし生命保険となると「夫が、万一のときに備える」というイメージが強いようです。しかし、万一のとき、収入が無くなってしまうのは奥様も同じではないでしょうか。奥様の治療費やお子さまの教育費、生活費など経済的な負担も大きくかかってきます。奥様が安心して治療に専念できるように、奥様への保障も必要といえるのではないでしょうか。

ライフプランについて

Q1. 繰り上げ返済のタイミングは?

住宅ローンの仕組みを考えると、繰り上げ返済のタイミングは早ければ早いほど利息の軽減効果が高いでしょう。でも、各家庭の状況によって考えないと、大きな失敗につながることも・・。
例えば、お子さまが小さい頃は教育資金がほとんどかからず、収入の中から十分な貯蓄ができるため、ついつい貯蓄の大半を繰り上げ返済に回しがちですね。しかし教育費は一度かかりはじめると、大学卒業までかかりつづけます。特に中学受験を考えている家庭では、少なくとも毎年100万円単位のお金が必要となります。
つまり、お子さまが小さい頃に繰り上げ返済をしすぎてしまうと教育費がかかり始める時に、手元に現金が残らず、住宅ローンより金利の高い教育ローンを組まなければならないことも。家庭のライフイベントを明確にして、収支のバランスを踏まえて繰り上げ返済の時期や金額を決めてはいかがでしょうか。

その他のご質問

Q1. 相談には、予約をしなければいけないのですか?

ご相談にあたっては、ご予約のお客さまを優先させていただきます。ご来店いただいた際にお待ちいただかなくても済むよう、あらかじめご予約をお願いいたします。 ただし、面談予定のないスタッフがいる場合は、ご予約がなくてももちろんご対応いたします。

Q2. 一回の相談に、どの程度時間がかかるのですか?

お客さまのお話をじっくりとお聞かせいただくために、1時間半程度いただきます。ただし、お時間のない方は、体験コースとして30分間程度のご相談も承りますので、ご希望の時間をお申し付けください。

Q3. 店舗に行かなければ相談はできないのですか?

東急 ほけんのコンシェルジュでは、店舗へお越しいただくことはもちろん、ご希望がある場合、ご自宅等にもお伺いしてご相談をお聞きします。お気軽にお申し付けください。

Q4. 子どもを連れて相談に行っても大丈夫ですか?

ご相談はゆったりとしたコンサルティングブースでお受けしますので、お子さまとご一緒に、ご家族でリラックスしてご相談いただけます。また、おもちゃやビデオを揃えたキッズスペースもご用意していますので、お子さまが飽きてしまう心配もありません。

Q5. 保険の相談に行くと、一方的に商品説明をされ、契約させられてしまうのではないですか?

東急 ほけんのコンシェルジュは、東急グループの来店型保険ショップです。
お客さまのご要望やニーズをお聞きせずに商品説明はいたしません。一人一人のお客さまの今後の人生の夢、想いをお聞きし、ライフプランニングを共に描くことからはじめるサービスを徹底しています。
詳しくは「東急 ほけんのコンシェルジュならではのサービス」をご覧下さい。

Q6. 立ち寄ったときに話だけ聞きたいと思った場合でも対応してもらえるのですか?

もちろんご対応いたします。ただし、ご予約のお客さまを優先させていただきますので、スタッフが対応できない場合もございますがご了承ください。

Q7. 相談料を取られるのではないですか?

ご相談は無料です。ご納得いただけるまで何回ご来店いただいても、料金をいただくことはありませんのでご安心ください。

Page Top