事例|オーダーメイドの保険・住宅ローン・ライフプランのご相談なら
東急 ほけんのコンシェルジュ 渋谷、二子玉川、たまプラーザ、中央林間

東急 ほけんのコンシェルジュ

住宅のご購入にあたって

住宅のご購入にあたって

35年のローン。これからきちんと返済できるかな?

住宅購入後の保険はどのように考えたらいいの?

死亡保障は、団体信用生命保険の加入によって保障を削減できます。
ただし、大きな病気等による就業不能時の保障確保に注意しましょう。

銀行で住宅ローンを利用すると、一般的に“団体信用生命保険”に加入をします。多くの場合はローン金利に保険料が含まれているため、自分で生命保険に加入していることを意識していないケースがほとんどですが、この保険によってローン契約者が亡くなった場合には、本人に代わって生命保険会社が住宅ローンを支払ってくれます。

団体信用生命保険(通称:団信)

ローン契約者が住宅ローンの返済途中で死亡・高度障害になった場合に、本人に代わって住宅ローン残高を返済するための生命保険です。
住宅ローンを組むときにほとんどの金融機関で団体信用生命保険への加入が義務付けられています。
掛け金も安く、加入年齢による条件の差もないため、メリットの多い保険といえます。

一般の生命保険は、住宅資金だけではなく、遺族の生活費や教育資金など幅広い資金の備えを目的としています。
もし、住宅ローンの利用前に高額な保障を確保している場合は、団信への加入によって重複した保障部分を削減できるかもしれません。
現在の保険の加入状況について、無駄がないか一度確認をしてみましょう。
しかし、一方で団信には、死亡・高度障害以外の備えはありません。

大きな病気などによって働けなくなった場合は、住宅ローンはそのまま残り、返済ができなくなるリスクがあります。さらに教育費等の高額な支出が重なることにより、さらに負担が重くなることも考えられます。
住宅ローンを組むタイミングで、それらのリスクに対する準備についても確認してみましょう。
最近は団信に三大疾病等の備えが付保された商品もありますが、それらの商品はその保障分が金利に反映されて、最終的な支払額が大きくなる場合もあります。
様々な商品を比較して、自分に合った保障を選択しましょう。

法人をお持ちの場合は、法人を上手く活用することによって、個人の支出を抑える方法もあります。
まずは、お気軽にご相談ください。

損害保険のご相談

損害保険のご相談

生命保険のご相談

生命保険のご相談

Page Top